2/27(木) 19時~「SNS時代のファンづくり&情報発信セミナー~イベント企画・集客・SNS運用の基本を知って実践に活かす~」開催

セミナー

企業やブランドのPRにとって、SNSの活用が必須となっています。
広告の効果が費用に見合わなくなる一方、SNSを通した積極的な情報発信により、認知活動ができる時代となりました。

個人法人といった事業者の規模・体制の違いによって、取り組みも様々なSNS運用。
なかでも、「ファンづくり」を目的とし、ブランド・商品・人、それぞれの違った視点からの運用実例やヒント、アイディアなど、実際のアカウントや投稿内容を見ていただきながら、ポイント的に解説いたします。

今回は鈴木村長が司会をご担当。セミナーといっても、堅苦しくない内容ですので、気軽にご参加ください。

【登壇者紹介】

鈴木 淳 氏 ( 台東デザイナーズビレッジ村長/株式会社ソーシャルデザイン研究所代表取締役 )
日本一人気の創業支援施設『台東デザイナーズビレッジ』の村長。2004年のオープン以来、16年で100ブランド以上を育成。多数の卒業ブランドが台東区内で活躍している。ファッションやデザインなど自分を活かした好きな仕事を、お客様に喜ばれるビジネスにする指導を行う。これまで関わった起業者は1000人以上。
EastsideGoodsideイッサイガッサイものづくりHUBを運営し、東東京にユニークな起業家を集める活動をしている。

鈴木 清之 氏 ( B.A.G.Number ディレクター/オンラインライター/ブロガー )
バッグ業界唯一のウェブマガジン「B.A.G.Number」をジャーナリスト・川﨑智枝さんとともに創刊。
日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイル雑貨まで、ファッション関連のトピックを発信している。ブログは「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<イースト東京+ジャパンレザー>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログを執筆。このほか、レザーやものづくりの魅力を発信するSNSのコンテンツ運用及びアドバイザー業務を受託。同連合会関連事業「TIME & EFFORT」、「Japan Leather Award」、「Exoticleather NewsCLIP by JLIA」をはじめ、「モノマチ」非公式ツイッターアカウント「モノマチ歩き」など、約10アカウント担当。紙媒体では「装苑別冊」(文化出版局/現在休刊)、「季刊みずゑ」(美術出版社/現在休刊)、ムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。

佐藤 正裕 氏 ( 台東区モノづくり企業株式会社リアライズ代表取締役/台東モノづくりのマチづくり協会理事 )
静岡県藤枝市生まれ。高校サッカーで有名な藤枝東高校卒業後、上京しバンドでの音楽活動に没頭。都内を拠点に国内外での活動を経験し2008年にバンド活動の傍らグッズ製作の仕事を開始。会社員経験はないながら3年間の個人事業運営の末2011年に事業を法人化。2020年現在スタッフ160人と年間18000件の製造案件をこなす。
OEM製造のみならずインスタグラムのAPIをつかった缶バッジセット製作WEBアプリや在庫を抱えずにオリジナルグッズ販売ができるカートシステムの開発・提供やキャラクターグッズの企画なども手掛ける。


【開催概要】
日時 : 2020年2月27日(木) 19:00~ ( 会場18:30 )
会場 : 台東デザイナーズビレッジ2階 会議室 ( 東京都台東区小島2丁目9-10 )
定員 : 20名
参加費 : 無料

参加応募フォームはこちら>>

※定員に達した際、募集は締め切りとなります。ご了承ください。

 

 

 

 

 

モノマチ 事務局

32 views

モノマチ事務局です。 開催期間以外のモノマチエリアで開催される様々な情報を発信いたします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。