モノマチの歴史トリビア その1–第1回の参加店は◯店だった!

これまで(〜11回)のモノマチ

第1回目の参加店数はわずかこれだけ!?

モノマチの記念すべき第1回は2011年に開催されました。

それから早いもので回を重ねてすでに11回。この秋開催のモノマチオンラインは12回目にあたります。

11回の動員数は3日間でのべ13万人。190もの企業/店が参加する一大イベントに成長しましたが、第1回に参加した企業/店の数をご存知ですか?

答えはなんと16店!

モノマチはわずか16店からスタートを切ったのです。

モノマチ開催の目的は?

ここで、16店から昨年の190店までの推移を見てみましょう。

第1回 16店
第2回 62店
第3回 119店
第4回 199店
第5回 177店
第6回 165店
第7回 176店
第8回 173店
第9回 170店
第10回 174店
第11回 190店

ご覧のように、第2回〜第3回、第4回にかけて、ぐぐっと参加店数が増えていることがおわかりですよね。第4回の199店は過去最高の数字です。

これはマスコミへの露出を増やし、拡大路線を展開したため。それはそれで非常に成果があり、お客様にも喜ばれたのですが、第5回では改めてモノづくりの町・モノマチの原点に戻ろうと軸足を固めて開催しました。

このことからもわかるように、モノマチはただ単純に規模を追求するイベントではありません。開催の目的はあくまで、モノづくりの町の魅力を多くの人に知ってもらい、モノづくりの醍醐味を実感してもらうこと。

モノマチエリアには、BtoB(業務用)に特化した会社や店が多数あります。一般の消費者に知られる機会はふだんはほとんどありませんが、日本のモノづくりを支えている人・店・企業の実力に触れてもらうことこそが、モノマチの開催目的であり存在意義なのです。

これは、10月に開催するオンラインモノマチジューニにおいても変わりません。オンラインでいかにモノづくりの楽しさを発信するか。いま参加店はどこも知恵を絞り、汗を流して、奮闘・検討しているところです。

本番をぜひ楽しみにしてくださいね!

三田村蕗子

5,924 views

かつては台東1丁目、その後バンコク、いまはモノマチエリアのお隣地区に住むビジネスメディア系ライター。モノマチの魅力を日本全国、そして海外にも広めたーい! 

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。