お散歩バッグをさげて町歩きを自由気ままに楽しもう!

EVENT

町歩き、お好きですか?

のんびりと歩いて(あるいは自転車に乗って)町を回り、自分のアンテナにヒットしたお店やスポットが見つかったら、いったん休憩。お買い物したり、お茶をしたり、写真を撮ったり。これぞ、町歩きの醍醐味ですよね。蔵前を始めとするモノマチエリアも、ありがたいことにメディアで取り上げられる機会が増え、お散歩目的でふらりと回る方が増えています。

楽しい町歩きに欠かせないのが、両手が自由になるお散歩バッグ。モノマチにも、自由気ままに歩けてしまうなんとも魅力的なお散歩バッグが出揃いました。さて、その顔ぶれはーー!?

町歩きを前提に設計したリュック、あります!

リュックのユーザーが急増している昨今。リュックの種類も多様化しています。ビジネス風あり、フォーマルテイストあり。各社各ブランドが趣向を凝らして、さまざまなリュックを発売していますが、ずばり「町歩き」をテーマにしたリュックを作っているのが、蔵前街歩きリュックのお店です。

作っているのは、蔵前で1947(昭和22)年に小川一正商店として創業した株式会社ガレージ。まだ和装小物が主流だった戦後初期に、ヨーロッパスタイルのハンドバッグを販売して人気を博した会社です。

「蔵前街歩きリュック」と名乗っているだけあって、お散歩を前提にした設計がすごい。A4サイズのリュックなのでけっこう大きいはずなんですが、底が広い台形型のデザインなので、スリムに見えてしまうんですよ。

素材は牛革。日本の職人が丁寧に仕上げています。本革のリュックだと重そうな印象がありますが、「蔵前街歩きリュック」はアウトドア用リュックの荷重分散技術を応用して、U字型のつけ根と湾曲したストラップを採用しているので、ちょっとやそっとでは疲れにくい構造です。

リュックって、走るとゆさゆさ揺れますよね。あれは困りものですが、その点、このリュックは揺さぶられにくいよう重量が分散されているわけです。

ポケットの位置も機能的。サイドファスナーを使えば肩にかけたままでA4サイズまでの荷物の出し入れが可能です。前側のU字型ファスナーポケットも便利だし、背面のポケットは貴重品入れに重宝しそう。

バリエーションが豊富なのも、選ぶ楽しさがあっていい。そもそもラインナップはヒジョーに充実していますが、それに加えて、今回はモノマチのために特別のアイテムを出品してもらいました。

なので、好みの色は絶対に見つかると思います。このリュックで、蔵前だけじゃなくモノマチエリアを広くお散歩してください!

自由の女神が応援してくれるお散歩向けバッグ

秋葉原に近い場所(台東1丁目)に店を構えるYAZZIE TAISEからも、すごくチャーミングで使いやすいお散歩バッグが出品されました。

まず、YAZZIE TAISEについてちょっと説明すると、読み方は「ヤジーテイス」。革、インポートもののプリント生地や帆布から好みのものを選んでオンリーワンのオリジナルバッグやウエスタンシャツを制作している工房です。

ブランドのメインコンセプトは「アーバンネイティブ・アメリカン」。アパレルメーカーを経て独学で鞄を作り始めた大塚正ノリさんが、アメリカ南西部サンタフェを旅したときにネイティブアメリカンのクラフトワークにインスパイアされた体験がモノづくりの原点だとか。YAZZIE TAISEの個性的で可愛いポップなインポートプリント素材のバッグや、セミオーダーのウエスタンシャツには、大塚さんが愛してやまないアメリカンテイストがふんだんに盛り込まれているのです。

その大塚さんが満を持してモノマチで先行販売したのが、「PLATE bo (プレート ボディバッグ)」と「PLATE so (プレート ショルダーバッグ)」。前面の浮き出し加工が印象的なバッグです。そう、これは型押しじゃなくて浮き出し加工。それなのにくっきりと冠模様になっているってすごくないですか。

この浮き出し模様は、NYのシンボル・自由の女神の冠を表現したもの。女神の冠の七つの突起は、世界の「七つの大陸」と「七つの海」の象徴であり、七つの大陸(プレート) と海の真実を光で照らし出すという意味があるそうです。コロナ禍で何かと気分が落ち込みがちないま、大塚さんは、人々が少しでも明るく前向きな気持ちでいられるようなモノづくりができたらーと考え、自由の女神の冠を独自の浮き出し加工で表現しました。

試行錯誤を経て実現したこの技術のすごさを、モニター越しにうまくお伝えできるといいのですが、できればお店で直に触れてほしいと思います。

きめ細かなイタリア製レザーを使った「「PLATE bo」と「PLATE so」のカラーはブラック、ブラウン、レッド、トープ、コバルトの5色展開。使ってみるとわかりますが、体にフィットするのでお散歩にはうってつけ。見た目よりもモノが入ります。このバッグをさげて歩けば、自由の女神から応援されている気分になる!前を向いて元気に町歩きしましょうー。

各商品の詳細については、モノマチジューニオンラインの特設サイトでチェックしてください!

三田村蕗子

5,205 views

かつては台東1丁目、その後バンコク、いまはモノマチエリアのお隣地区に住むビジネスメディア系ライター。モノマチの魅力を日本全国、そして海外にも広めたーい! 

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。